映画『太陽がほしい』

班忠義監督の映画『太陽がほしい』を観ました。前後編合わせて3時間の大作です。山西省の「慰安婦」と呼ばれた性暴力被害者の20年をまとめたドキュメンタリーです。いまは亡くなられた被害者たちを今日改めて目の前にして、たくさんの思いを抱きました。
歴史を否定したい人たちは、被害者を個として見ようとしません。「20万人は嘘」「強制連行はなかった」なとど主張することで、あたかも「慰安婦」問題はなかったかのようにデマを振りまきます。しかし私たちにとって、被害者とは名前を持ったひとつひとつの人格です。10人いれば10通りの苦しみが、10万人いれば10万通りの苦しみがあるのです。
そしてこの映画は、万愛花さんや郭喜翠さん、劉面換さんなど、一人ひとりの犠牲者のどの生もかけがえのなかったものであり、そのひとつひとつを日本軍は奪っていったのだと教えてくれます。
これほど明らかな戦争犯罪がありながら、私たちは未だ日本政府を追及しきれず、「不可逆的」などと平然と言ってのけることを許していることに我慢がなりません。
先日、国連女性差別撤廃委員会の対日審査で杉山外務審議官は、「強制連行は確認できない」「20万人は裏付けがない」「『性奴隷』は事実に反する」などと言いましたが、この映画を観てもなお、同じことがいえるのでしょうか。
郭喜翠さんは性奴隷として監禁されている生活の間、便意もないのにウソを言って、陽の当たらないくらい慰安所からでて、トイレからそっと太陽を眺めていたそうです。このエピソードは映画のタイトルの出自にもなっていますが、この絶望を、安倍首相に、杉山審議官に、本当にわからせてやりたい。
そして、万愛花さんの亡くなられる直前の言葉が、本当に私の胸に突き刺さりました。万さんは、死の間際にあっても、日本政府を裁判で訴えることを考えておられたようです。
「謝罪してほしい。罪を認め、頭を下げて賠償をするべきです。裁判が続かないと日本の友人の顔に泥を塗ることになる。日本政府は見くびっている、日本の友人たちを。
最後まで闘う。政府に対して圧力をかけなければ。ここまで来たんだからやり抜く必要がある。私が死んでも鬼になって闘う。魂となって皆と共に闘う」
「被害者が生きているうちに、被害者が望む解決を!」と私たちは叫び続けてきましたが、今回の「合意」によって解決は遠のき、そうこうしているうちも被害者はひとり、またひとりと亡くなっていっています。裁判を闘った山西省の女性たちは、いまは誰もご存命ではありません。
今日、私たちは万愛花さんが信頼をよせた、日本政府を追い詰めるだけの力を持った「日本の友人」であるでしょうか?
時に落ち込み、絶望することはあったとしても、私たちは万愛花さんの「日本の友人」であり続けたいです。鬼神がそばにいてくれるだけの、価値のある私たちでありたい。
万愛花さんが鬼神となって私たちと共にいる、そういうこれからの日々でありたいと、決意を新たにしました。(だい)
スポンサーサイト

映画『鬼郷(クィヒャン)』

映画『鬼郷(クィヒャン)』を観ました。姜日出ハルモニの絵画から着想を得たという、日本軍「慰安婦」問題をテーマにした映画です。

慶尚南道の故郷から中国東北部の慰安所に連れて行かれた少女が、友だちと一緒になんとか生き抜いていこうとする、そういうお話です。ひとつひとつの出来事に「誰かの被害証言の中にこういうことがあったなあ」と思い、とても平常な心では観ることができませんでした。

しかし、この映画の素晴らしいところは、過去の描写のみにあるのではありません。巫堂(ムーダン)の養女である性暴力で心に深い傷を受けた少女が、過去と現代との依代になって、観ている人をぐっと画面に引き込ませ、これは過去の話ではないのだと教えてくれます。そう、これは今を生きる私たちの問題です。そして、胸の奥に沈殿した恨を解くことがどれだけ大切か、改めて考えさせる映画でした。

この映画は劇映画としてとても秀逸です。誤解を恐れず言えば、日本政府を糾弾するような政治的な映画ではありません。政治的なことを知らなくても受け止めることができるでしょうし、そういうふうに「感じる」映画です。
日本軍「慰安婦」問題をなかったことにしたい人たちは、「ありえない」「そんな証拠はない」と粗探しに熱中し、この映画を攻撃するでしょう。しかし、それは本当に「ありえないこと」ですか?
この映画では、被害者を日本兵が殺すシーンがあります。政治家も含め否定したい人は「そんな証拠はない」と主張していますが、明日をもしれぬ前線にあって、人間性を喪失した兵士が弱い立場の女性を陵辱し、殺害にいたるという行為は、「ありえないこと」ではありません。
百歩譲って兵士が被害女性を殺したことがなかったとしても、肉体的には殺さなかっただけ、精神の上では殺しているのも同じです。大勢の女性を慰安所に監禁軟禁し、拒絶する女性を集団でレイプしたのであれば、それは大量殺戮と何が違うでしょうか。
もしあなたが「ここまで残酷なわけがない」と感じるのだとしたら、加害者側と被害者側とでは、同じ事象でも見え方が全く違うのだということを知る必要があるでしょう。
そしてなによりも、劇映画とは、そういう想像力をたくましくして「感じる」ものなのです。

この映画は日本軍「慰安婦」問題だけではなく、普遍的なテーマを含んでいます。そういう劇映画だからこそ、この映画はきっと世界中で受け入れられるでしょう。韓国では興行的に成功するでしょうし、欧米でも高い評価を受けると信じています。
日本では?
それは私たちの、これからの課題です。
(だい)
鬼郷

【追悼】キム・ギョンスンハルモニ

韓国からまた訃報が届きました。
これで44人。

あの欺瞞的な日韓「合意」後に、次々とハルモニたちが亡くなられていっているように感じるのは、私だけでしょうか?
本当であれば被害者にしっかりとした日本政府の謝罪と賠償を届けなければならないというのに、安倍首相・日本政府の口から出るのは
「朴槿恵大統領に電話でおわびを伝えた、これ以上謝罪する気はない。不可逆的に解決したのだから」
「10億円は賠償ではない」
とても、ハルモニたちに申し訳なくてたまりません。

私たちはどうすれば、ハルモニたちの悔しさに応えることができるでしょうか?
その問いを常に身に課しながら、日々を生きていきたいと思います。(だい)




キム・ギョンスンハルモニが2月20日に亡くなられました。
ハルモニは1992年に挺対協へ申告した後に活動をはじめ
2006年からは老衰で入退院や手術を繰り返して苦労されましたが
何とか耐え抜いてこられました。
看病人の介護で過ごすハルモニは
挺対協スタッフに会いたくなると電話をかけてきました。
「遊びにこないのかい?」との質問に「行きますよ」と応えると
「うれしいね」と寝たきりの生活でも喜びを忘れず暮らしてこられた方でした。
ところが、数日前に突然入院され、重患者室に移り
今日の午後12時にソウルアサン病院で亡くなられました。享年91歳でした。

ハルモニのご冥福をお祈りします。


※写真はハルモニ宅に訪問した青年ナビたちとの一枚です。photo_2016-02-20_22-56-16.jpg

【追悼】チェハルモニ

韓国挺対協より訃報が届きました。
これでご存命のハルモニは45人となりました。




日本軍「慰安婦」被害者チェハルモニが
2月15日20時29分に亡くなりました。

ハルモニは1926年に生まれ、困難な家庭状況のもと奉公に出て暮らしました。
16歳のときに日本の工場で働かせてやるとの就業詐欺にだまされ
約4年間日本軍性奴隷生活を強いられました。
母親に挨拶だけでもしたいと訴えましたが
代わりに伝えると無理やり連れ去られました。
解放後に船に乗って故郷へ帰りました。

貧困と性奴隷生活で生じた病気によって苦痛の生活を送りました。
昨年から全身に強烈な痛みを感じながらも耐え続け
最近入院した療養病院で息をひきとられました。


ハルモニが重い荷を降ろし
安らかに休めるよう冥福をお祈りください。

日本軍「慰安婦」被害者は45人となりました。

韓国挺身隊問題対策協議会

【鄭栄桓さん講演】日本軍「慰安婦」問題 被害者不在の日韓合意は解決ではない ~日韓外相会談と朴裕河問題を批判する

DSC_0521.jpg
日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワークは、2月14日、大阪PLP会館にて、集会「日本軍「慰安婦」問題 被害者不在の日韓合意は解決ではない ~日韓外相会談と朴裕河問題を批判する」を開催しました。講師の鄭栄桓さんは明治学院大学の教員で歴史学専攻、昨年よりブログで朴裕河著『帝国の慰安婦』を批判し、脚光を浴びています。会場は日韓「合意」や朴裕河問題に関心を持つ市民が約200人集まり、この問題に対する関心の高さを実感しました。
朴裕河『帝国の慰安婦』は、朝日・毎日新聞などで絶賛され、彼女が検察から在宅起訴された時には、上野千鶴子や高橋源一郎、大江健三郎など日本の知識人や河野洋平、村山富市などの政治家がこぞって擁護しました。その声明は起訴そのものというよりも、朴裕河の著書の内容に踏み込んで擁護するというものでした。曰く「何よりも、この本によって元慰安婦の方々の名誉が傷ついたとは思えず、むしろ慰安婦の方々の哀しみの深さと複雑さが、韓国民のみならず日本の読者にも伝わった」と。当事者であるナヌムの家のハルモニたちが「名誉を傷つけられた」と訴えているにも関わらずです。「被害者の受け入れられる解決を」と日本政府に訴えてきた私たちにとって、戦争法案にも反対してきた知識人たちがこぞって朴裕河に賛意を示す現象には、なかなか理解しがたいものがありました。
DSC_0502.jpg
鄭栄桓さんは、朴裕河の詐術ともいうべき手法をわかりやすく暴いてくれました。その手法は幾つもあるのですが、もっとも我慢のならない例を一つだけあげます。
『帝国の慰安婦』の中で、日本を許したい被害者もいるのに韓国挺身隊問題対策協議会などの支援団体がそれを妨げていると朴裕河は批判します。その上で朴裕河は、彼女なりの和解を提示します。それがあたかも被害者のほとんどが望んでいるかのように。
「自分の身に降りかかった苦痛をつくった相手を糾弾するのではなく、運命という言葉で許すかのような彼女の言葉は、葛藤を和解へと導く一つの道筋を示している」
この「運命という言葉で許すかのような」を導くために引用した証言が、次です、
「日本人に抑圧はされたよ。たくさんね。しかし、それも私の運命だから。私が間違った世の中に生まれたのも私の運命。私をそのようにあつかった日本人を悪いとは言わない」
その証言が誰のものであるか、『帝国の慰安婦』には書かれていないので、鄭栄桓さんはこの証言が誰のものであるか探したところ、それは黄順伊ハルモニのものでした。しかし、その証言は、決して日本を許すようなものではなく、むしろ全く真逆の、とても重たい内容だったそうです。違う箇所では黄ハルモニは、「自分を犬みたいに扱って許し難い」「恨が解けない」と、繰り返し仰っていたそうです。
朴裕河は、そんな普段は寡黙で恨を体現したかのような黄ハルモニの証言の、たった二行だけを抜き出して「これこそが和解のため」と、強引に結論づけているのです。
この本の前提として、朴裕河は被害者の代弁者でなければなりません。「挺対協は被害者を利用し解決を妨げている、私こそが声なき声の代弁者であるのだ」という理屈で朴裕河の「善意」は成り立っているのです。しかし朴裕河は被害者から聴き取りをしているわけではないし、被害者に寄り添っているわけでもありません。だから被害者証言の記述を自分のいいところだけ切り取り、あたかもそれが「全て」であるかのように開陳するのです。これが被害者をどれほど冒涜し、記憶を改ざんする行為であるか。
それは証言に限ったものではありません。朴裕河は、自分の作り上げた「帝国の慰安婦は『愛国』『同志』的存在」「業者主体論」「売春であり性奴隷ではない」「法的責任の否定」「日本政府は謝罪と補償を行った」というテーゼに、事実を切り貼りし、無理に当てはめようとします。だから個々の事例は事実であっても、結論が異なるのです。
このように朴裕河は、本来、産経新聞のような右派陣営にもてはやされるべき存在なのにリベラルといわれる人たちにもてはやされるということにこの国の病根があるということを示した後に、鄭栄桓さんはこのように指摘しました。
「日本で用いられる『リベラル』とは、本来の意味ではなく、反日ナショナリズムを批判するという条件の下に、『極端な』規範を拒否することを共有している集団。90年代革新勢力が後退している中で生まれた、戦後革新の転向現象だと思う。『リベラル』は問題解決を阻害する要因が被害者側にあると思いたがっている。そういう意味でも『帝国の慰安婦』は日本社会の欲望が作り出した本。朴裕河は欲望を正しく汲み取っている」
そして講演の最後に、日韓「合意」後に私たちが何をするべきかについて、こう語りました。
「当事者たちが求めていたのは何なのかという原点に立ち返るべき。被害者の心の傷を癒すために、日本側が何度でも『悪かったのは自分です』と語ることが不可欠の要素となっている。悪かったと言い続ける――これは『日本問題』。過去の加害と戦争犯罪を認めて二度と否定しないような規範を日本社会が作ることが求められている。
被害者本意の解決が大前提であると同時に、日本社会にいる私たちがその『不可逆的』規範をどう日本に押しつけるのかが問われている」
今回の日韓「合意」は被害者不在のものであるし、日本が国家として本当の意味で責任を認めたとも言えない。10億円は「補償ではない」と外務省自身が言っている……それなのに日本のリベラルも政党も、こぞって「合意」を歓迎する。それは朴裕河がもてはやされるのと同じく、自分たちが悪くないと思い込みたい日本社会の欲望そのものなのです。その欲望をどう乗り越えていくか、どうやって正しい歴史認識を構築していくか、それこそが私たち日本の運動に課せられた課題です。
(だい)

「朝鮮学校高校無償化全国一斉行動全国集会」に参加して

今日2月13日は大淀コミュニティセンターで開催された「朝鮮学校高校無償化全国一斉行動全国集会」に参加しました。会場は満席で、とても盛況でした。高校無償化制度から除外されて5年。学校関係、保護者、同胞はもとより、多くの日本人、そして韓国にまで運動は拡がっています。
今日は全国から人が集まり、裁判支援や活動の報告がありました。
日本軍「慰安婦」問題との関連でいえば、私たちが韓国からお招きした吉元玉ハルモニも金福童ハルモニも、日本政府の差別政策に憤り、朝鮮学校支援を証明しておられます。吉元玉ハルモニは自分自身が教育を受けられなかったからこのような人生になったのだと嘆き、朝鮮人が朝鮮人として教育を受けられないのはおかしい、未来のために子どもたちに教育を保障しなければならないと常々訴えておられます。
民族として教育を受ける権利は、保障されなければなりません。ましてや植民地支配に原因があるならなおさらのことです。
朝鮮学校に通う学生からは、
「民族教育で自身のアイディンティティを育んだ。来年から朝鮮大学校に進み、将来は民族教育を担いたい」
「いつまでこの理不尽が続くのか。これまで日本社会の冷ややかさを何度も感じてきたが、その都度支援する人たちに助けられた」
「在日朝鮮人と日本人の真の未来のために私は闘う!」
なとど、力強いアピールが相次ぎました。
また、韓国の市民団体「ウリハッキョと子どもたちを守る市民の会」共同代表の孫美姫さんは、挨拶の時間の大半をかけて、日本軍「慰安婦」問題にかかる日韓「合意」を批判し、韓国で起こっている闘いを紹介しました。それは韓国でも、日本軍「慰安婦」被害者の苦しみと朝鮮学校に向けられている差別が同じ根の問題~植民地支配と分断~として捉えられているということでもあり、目を見開かされる思いでした。
私たちのテーマは日本軍「慰安婦」問題の解決ですが、ハルモニたちの望む世界を実現するためにも、この課題にも向かい合っていかなければと、改めて思いました。(だい)

林博史著『日本軍「慰安婦」問題の核心』

 林博史著『日本軍「慰安婦」問題の核心』(花伝社)読了。この本は、林さんがこれまで発表した論文や講演録を合わせて編集したものであり、通読すると若干の読みづらさは感じるものの、歴史実証主義の立場から歴史歪曲攻撃にほぼ答えた内容になっている。

 この本は4部構成となっている。
 第Ⅰ部 問題の所在をめぐって
 ここでは本のタイトルにあるとおり、「核心」を、安倍首相や橋下元市長らの歴史認識を批判することを意識して展開されている。

 第Ⅱ部 資料に基づく日本軍「慰安婦」研究
 ここは林さんの真骨頂で、膨大な資料で、軍が主体となって慰安所を運営していたこと、具体的にどのような加害行為を行っていたのかを明らかにしている。

 第Ⅲ部 歴史史料隠蔽と歴史の偽造
 米英が解読した膨大な機密電報を紹介し、日本軍がいかに加害の隠蔽を図ろうとしたかにせまろうとしている。

 第Ⅳ部 米軍の性売買政策・性暴力
 米軍の性売買に対する政策を確認することにより、日本軍と違う点、共通する点をあぶり出している。

 私はこの第Ⅳ部が、もっとも興味深く読めたので、この章を中心に感想を記したい。

 橋下元市長や籾井NHK会長が「どこにでもあった」と言うとき、軍隊に性暴力はつきものだが、軍隊が組織的に、これほど大規模に、それこそ兵站から最前線まで慰安所を設置し、植民地から、占領地から女性を連行し監禁し強かんしたのは日本だけだったと、自信をもって言える。しかし他の国の軍隊が、この問題に対してどのような政策をとってきたのかは、勉強したことがなかった。
日本軍が日中戦争で慰安所制度を確立していった同時代、アメリカでは全く逆の政策を意図的に確立していったことに、私はとても興味を惹かれた。

 米軍は売春そのものを禁止していた。
 「基地周辺での赤線地区の存在を陸軍省は容認することはできない。(中略)この問題について唯一の実際的な政策は断固とした禁圧策である」(1917年)
 この政策は、性病の治療薬の開発やピューリタリズムの倫理観の後退を見た後でも、基本的には変わらない。兵士の売春宿の利用を押さえられずコンドームの推奨をすることはあっても、やはり今でも売春は認めていないし、ましてや管理売春などもってのほかだ。日本占領時に米軍はRAAを解散させたが、それも米軍の基本政策に基づいてのことだった。
 日本が慰安所を拡大させていた時期、米は「管理売春は性病を拡大させるだけ」と科学的に分析していた。日本軍は「性病を蔓延させないため」に管理売春を行ったが、それはさらに強かんを多発させ、最前線であっても占領地の住民女性を拉致監禁して「慰安婦」にしてもいいのだという意識を生み出した。米軍が科学的に考察して出した結論を、日本軍は本当に理解できていなかったのだろうか。
 吉見義明さんは日本軍が慰安所を設置した4つの理由の一つとして「日本軍の将兵に『性的慰安』を提供する」目的をあげていたが、これは私には一番しっくりする。そして橋下も籾井も「女をあてがっておけばいい」などという人権感覚の全くない考え方の持ち主だからこそ、「どこにでもあった」「沖縄の米軍はフーゾクを利用すべき」などと平気で言えるのだろう。
 もちろん米軍の性犯罪は戦時性暴力として現在でも問題になり続けている。それは日本軍「慰安婦」問題と共通する課題である。それを意識して読んだとしても、日本軍「慰安婦」問題とは特殊性のある組織犯罪であったと確信する。とても「どこにでもあった」と言えるようなものではない。

 「どこにでもあった」などと平気で言う人は、不勉強でも構わないと思っている人か、知った上で詭弁を弄しているかのどちらかだ。
不勉強でも構わないとか、詭弁を弄していると思われたくない人は、ぜひともこの本を読んで欲しい。
 もちろん、純粋に日本軍「慰安婦」問題を知る意味でも。日本軍「慰安婦」問題は、志を同じくする立場の人でもなかなか正しく理解されていないことも多い。私も理解しているつもりでいて、上に記したとおり、まだまだ知らないことも多かった。この20年で歴史研究は大きく進んでいる。現時点の到達点を確認する意味でも、この本を読むことは意味あるものと思う。(だい)

「『建国記念の日』反対!『日の丸・君が代』処分撤回! 戦争のための教育を許さない!2・11集会」に参加して


今日は、港区民センターにて「『建国記念の日』反対!『日の丸・君が代』処分撤回! 戦争のための教育を許さない!2・11集会」に参加しました。
戦争法が制定・施行され、憲法違反の戦争法に合致させるように「9条改憲」を、選挙前のこの時期に安倍首相が口にするという情勢の中、どう闘いを進めるのかみんなで考え合う切迫感にあふれた集会になりました。
抵抗の切り札としての民主主義をどう我が物にし、闘い、守っていくか。その回答としてのひとつとして、パネルディスカッションの中でパネラーの口から出た
「あえて『空気』読まない!」
という一言は、とても皆の共感を得たように思います。
関西ネットとしても関係団体としてブースをだし、舞台でもアピールしました。
「この『合意』で本当に解決したのか?パククネに謝罪してすむのか?10億円で韓国政府に『名誉回復』事業をさせたところで、日本政府の責任を果たしたことにはならない。ましてや被害者は韓国だけではない。『慰安婦』問題は日韓の外交問題ではない。
今後、この『合意』の不当性と、日本軍『慰安婦』問題がなんであるのかということを、日本社会に知らせていきたい。」
日韓「合意」で、マスコミも多くの政党も賛意を示す中、私たちもあえて日本社会の「空気」は読みません。被害者とともに闘い続けます。(だい)

2月3日第114回大阪駅前水曜集会


韓国では零下だというのに、今日も吉元玉ハルモニも参加し、水曜デモが開催されました。
大阪でもこのところにしては寒い夜となりましたが、大阪駅前で元気に市民に向けてアピールを行いました。

まずは関西ネットから、報告をさせていただきました。
「韓国では合意撤回の運動が継続して続き、日韓合意の財団に対抗する意味でも、多くの市民が募金活動に参加している。
国連に対して日本政府は「強制連行はなかった」「性奴隷制度ではなかった」と報告書を出した。呆れてものも言えない。日本政府がいう証拠とはなんなのか?
韓国ではこの合意は「人権基準に沿った合意」ではないという批判もされている。日本のメディアでは終わったかのように言われているが、まだまだ。合意の欺瞞性を明らかにしていく。現在、抗議署名を集めている。これを集約し、外務省に抗議し、院内集会を行う。」

次に学力テストを内申に反映されるということに対して、なかまユニオンの方からアピールがありました。
「大阪府の公立学校の高校入試の内申書に、テストの結果だけで内申書を決めることになった。極端に言えば、学校に出席せずとも、生活態度がいかに問題があろうとも、学力テストの結果が良ければいい内申点が得られるようになった。学力テストで学校のランクを決め、その土俵に応じて、むりやり生徒の学力を府市の独自テストの結果で割り振ろうとしている。」

ナヌムの家のふたりのハルモニが来日して、日韓合意を許せないとの怒りを証言された、その実行委員長の方からアピールがありました。
「来日が決まった後に、日韓合意があった。それはハルモニたちの気持ちを踏みにじるもの。
集会で怒りをあらわにしながら証言した李玉善ハルモニ、姜日出ハルモニたちに相談なき合意など合意ではない。特に、真相究明、再発防止に触れられておらず、未だにPTSDに苦しむハルモニたちは納得できない。私たちも今後も運動を続けていく。」

朝鮮高級学校高校無償化連絡会からもアピールがありました。
「高校無償化を求めて181回火曜行動を行ってきた。金福童ハルモニは橋本面会を断られた後、火曜行動に参加しこう発言した。『朝鮮学校がなくなれば、子どもたちはどこで朝鮮人であるということを学ぶのか?!』そんなハルモニを傷つけた日韓合意を許せない。10億円という札束で尊厳を踏みにじっている。」

また関西ネットから、いつものように、寒い中でも歌い踊り、カードセッションを行い、日韓合意を批判し日本軍「慰安婦」問題の解決を訴えました。

次回の大阪駅前水曜行動は3月2日19時から。来月はもう少し温くなっているでしょうか? 日本軍「慰安婦」問題の真の解決を実現する日まで、私たちは闘い続けます。ヨドバシカメラ前でお会いしましょう!(だい)

プロフィール

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

Author:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
わたしたちは日本軍「慰安婦」問題解決のため、関西を中心に活動しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR