第96回大阪水曜デモ報告


今日は9月の第1水曜日。大阪梅田水曜デモの日です。日が落ちるとすっかり秋めいた空気の中、道ゆく人々に日本軍「慰安婦」問題の解決を訴えました。
冒頭に関西ネットから、8月14日の日本軍「慰安婦」メモリアル・デーの取り組み報告、朝日新聞の記事をめぐるバッシングの不当性を訴えました。

国連ではヘイトスピーチは犯罪であり法規制すべしと勧告されました。私たちもこの数年間、在特会に活動を邪魔されてきました。ヘイトスピーチに対してどう闘うべきか、門真市議の戸田さんがアピールされました。

また辺野古で現在闘われている基地建設反対運動について、関西共同行動の星川さんからアピールがありました。警察が毎日反対勢力を拘束していく自民党政府のなりふり構わないきたない圧力は、「知事選で自民党が負けても基地建設は続ける」という強いアピールだという指摘がありました。

また不二越女子挺身隊問題など、戦後補償問題をめぐる韓国の力強い運動について関西ネットのメンバーから紹介がありました。

スイスジュネーブの国連自由権委員会で、朝鮮学校問題についてロビー活動を行ったシンさんから、今回の国連勧告の内容について報告がありました。

8月12日~15日に訪韓しシンポジウム等に参加した大学生からも報告がありました。ソウル日本大使館前の水曜デモに参加した時、門も窓も閉ざしたままの日本大使館に、日本人として腹がたったと言いました。そして「日本軍『慰安婦』問題は日韓問題ではなく、日本の問題だ」と力強く訴えました。

韓国から来た挺対協の梁路子さんから、韓国の運動の現状報告がありました。そして「過去の戦争を美化し、集団的自衛権を認める安倍政権に、苛立ち、心を痛めている」と訴えられました。

この日は本当にたくさんの報告があって、時間が足らないくらいでした。
次回は10月1日(水)です。みなさん、梅田ヨドバシカメラ前にぜひいらしてください。
(だい)



関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

Author:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
わたしたちは日本軍「慰安婦」問題解決のため、関西を中心に活動しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR