2月3日第114回大阪駅前水曜集会


韓国では零下だというのに、今日も吉元玉ハルモニも参加し、水曜デモが開催されました。
大阪でもこのところにしては寒い夜となりましたが、大阪駅前で元気に市民に向けてアピールを行いました。

まずは関西ネットから、報告をさせていただきました。
「韓国では合意撤回の運動が継続して続き、日韓合意の財団に対抗する意味でも、多くの市民が募金活動に参加している。
国連に対して日本政府は「強制連行はなかった」「性奴隷制度ではなかった」と報告書を出した。呆れてものも言えない。日本政府がいう証拠とはなんなのか?
韓国ではこの合意は「人権基準に沿った合意」ではないという批判もされている。日本のメディアでは終わったかのように言われているが、まだまだ。合意の欺瞞性を明らかにしていく。現在、抗議署名を集めている。これを集約し、外務省に抗議し、院内集会を行う。」

次に学力テストを内申に反映されるということに対して、なかまユニオンの方からアピールがありました。
「大阪府の公立学校の高校入試の内申書に、テストの結果だけで内申書を決めることになった。極端に言えば、学校に出席せずとも、生活態度がいかに問題があろうとも、学力テストの結果が良ければいい内申点が得られるようになった。学力テストで学校のランクを決め、その土俵に応じて、むりやり生徒の学力を府市の独自テストの結果で割り振ろうとしている。」

ナヌムの家のふたりのハルモニが来日して、日韓合意を許せないとの怒りを証言された、その実行委員長の方からアピールがありました。
「来日が決まった後に、日韓合意があった。それはハルモニたちの気持ちを踏みにじるもの。
集会で怒りをあらわにしながら証言した李玉善ハルモニ、姜日出ハルモニたちに相談なき合意など合意ではない。特に、真相究明、再発防止に触れられておらず、未だにPTSDに苦しむハルモニたちは納得できない。私たちも今後も運動を続けていく。」

朝鮮高級学校高校無償化連絡会からもアピールがありました。
「高校無償化を求めて181回火曜行動を行ってきた。金福童ハルモニは橋本面会を断られた後、火曜行動に参加しこう発言した。『朝鮮学校がなくなれば、子どもたちはどこで朝鮮人であるということを学ぶのか?!』そんなハルモニを傷つけた日韓合意を許せない。10億円という札束で尊厳を踏みにじっている。」

また関西ネットから、いつものように、寒い中でも歌い踊り、カードセッションを行い、日韓合意を批判し日本軍「慰安婦」問題の解決を訴えました。

次回の大阪駅前水曜行動は3月2日19時から。来月はもう少し温くなっているでしょうか? 日本軍「慰安婦」問題の真の解決を実現する日まで、私たちは闘い続けます。ヨドバシカメラ前でお会いしましょう!(だい)
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

Author:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
わたしたちは日本軍「慰安婦」問題解決のため、関西を中心に活動しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR