「『建国記念の日』反対!『日の丸・君が代』処分撤回! 戦争のための教育を許さない!2・11集会」に参加して


今日は、港区民センターにて「『建国記念の日』反対!『日の丸・君が代』処分撤回! 戦争のための教育を許さない!2・11集会」に参加しました。
戦争法が制定・施行され、憲法違反の戦争法に合致させるように「9条改憲」を、選挙前のこの時期に安倍首相が口にするという情勢の中、どう闘いを進めるのかみんなで考え合う切迫感にあふれた集会になりました。
抵抗の切り札としての民主主義をどう我が物にし、闘い、守っていくか。その回答としてのひとつとして、パネルディスカッションの中でパネラーの口から出た
「あえて『空気』読まない!」
という一言は、とても皆の共感を得たように思います。
関西ネットとしても関係団体としてブースをだし、舞台でもアピールしました。
「この『合意』で本当に解決したのか?パククネに謝罪してすむのか?10億円で韓国政府に『名誉回復』事業をさせたところで、日本政府の責任を果たしたことにはならない。ましてや被害者は韓国だけではない。『慰安婦』問題は日韓の外交問題ではない。
今後、この『合意』の不当性と、日本軍『慰安婦』問題がなんであるのかということを、日本社会に知らせていきたい。」
日韓「合意」で、マスコミも多くの政党も賛意を示す中、私たちもあえて日本社会の「空気」は読みません。被害者とともに闘い続けます。(だい)
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

Author:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
わたしたちは日本軍「慰安婦」問題解決のため、関西を中心に活動しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR