映画『鬼郷(クィヒャン)』

映画『鬼郷(クィヒャン)』を観ました。姜日出ハルモニの絵画から着想を得たという、日本軍「慰安婦」問題をテーマにした映画です。

慶尚南道の故郷から中国東北部の慰安所に連れて行かれた少女が、友だちと一緒になんとか生き抜いていこうとする、そういうお話です。ひとつひとつの出来事に「誰かの被害証言の中にこういうことがあったなあ」と思い、とても平常な心では観ることができませんでした。

しかし、この映画の素晴らしいところは、過去の描写のみにあるのではありません。巫堂(ムーダン)の養女である性暴力で心に深い傷を受けた少女が、過去と現代との依代になって、観ている人をぐっと画面に引き込ませ、これは過去の話ではないのだと教えてくれます。そう、これは今を生きる私たちの問題です。そして、胸の奥に沈殿した恨を解くことがどれだけ大切か、改めて考えさせる映画でした。

この映画は劇映画としてとても秀逸です。誤解を恐れず言えば、日本政府を糾弾するような政治的な映画ではありません。政治的なことを知らなくても受け止めることができるでしょうし、そういうふうに「感じる」映画です。
日本軍「慰安婦」問題をなかったことにしたい人たちは、「ありえない」「そんな証拠はない」と粗探しに熱中し、この映画を攻撃するでしょう。しかし、それは本当に「ありえないこと」ですか?
この映画では、被害者を日本兵が殺すシーンがあります。政治家も含め否定したい人は「そんな証拠はない」と主張していますが、明日をもしれぬ前線にあって、人間性を喪失した兵士が弱い立場の女性を陵辱し、殺害にいたるという行為は、「ありえないこと」ではありません。
百歩譲って兵士が被害女性を殺したことがなかったとしても、肉体的には殺さなかっただけ、精神の上では殺しているのも同じです。大勢の女性を慰安所に監禁軟禁し、拒絶する女性を集団でレイプしたのであれば、それは大量殺戮と何が違うでしょうか。
もしあなたが「ここまで残酷なわけがない」と感じるのだとしたら、加害者側と被害者側とでは、同じ事象でも見え方が全く違うのだということを知る必要があるでしょう。
そしてなによりも、劇映画とは、そういう想像力をたくましくして「感じる」ものなのです。

この映画は日本軍「慰安婦」問題だけではなく、普遍的なテーマを含んでいます。そういう劇映画だからこそ、この映画はきっと世界中で受け入れられるでしょう。韓国では興行的に成功するでしょうし、欧米でも高い評価を受けると信じています。
日本では?
それは私たちの、これからの課題です。
(だい)
鬼郷
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

Author:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
わたしたちは日本軍「慰安婦」問題解決のため、関西を中心に活動しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR