第122回大阪駅前水曜行動報告

台風近づく10月5日の夕べ、大阪梅田ヨドバシカメラ前でいつものように水曜デモを開催しました。始まった時は強い風でしたが、雨は降っていませんでした。
まず関西ネットからこの間の情勢の話を交えながら、日本の世論の状況が最悪ではあるが、しっかりと世間に訴えていこうとアピールしました。
ヘイトスピーチ裁判を闘って、大阪で地裁で勝訴判決を勝ち取った李信恵さんからは、「裁判は高裁に進みますが、次もなからず勝つ」と、元気よくアピールされました。
交野市の市議会議員の松村ひろ子さんは、現在の憲法改悪の動きに警鐘を鳴らしました。
沖縄高江に支援に行っていた関西ネットのメンバーからも報告がありました。そこで感じたのは、日本の民主主義がいかに腐敗しているかということで、高江げ現地にこそ民主主義を感じたそうです。
関西ネットの若いメンバーからは「なにも勝ち取れない状況に思われるが、買ってはいないかもしれないけれど、負けているわけではない」と、心強い発言がありました。
途中から大きな雨粒が私たちを打ちつけましたが、雨の日も雪の日も日本大使館に立ち続けたハルモニたちのことを思えばなんでことはありません。わたしたちは負けているわけではありません。びしょ濡れになりながら、シュプレヒコールをあげました。
次回の大阪駅前第一水曜デモはいつものヨドバシカメラ前ではなく、天満・扇町にある北区民センターでの集会です。世界中の被害者が参加して、皆さんの前で日韓合意の不当性を訴えます。
みなさん、11月2日6時半から、北区民センターにお集まりください。そして今も被害者の尊厳を踏みにじっている安倍政権に対して、抗議の声をあげましょう。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

Author:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
わたしたちは日本軍「慰安婦」問題解決のため、関西を中心に活動しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR