【集会案内】日本軍「慰安婦」被害を記憶するメモリアル運動inアメリカ

【集会案内】 日本軍「慰安婦」被害を記憶するメモリアル建設運動 in アメリカ
         ~ サンフランシスコとグレンデールの活動家を招いて ~
日 時:2016年11月4日(金) 18:30 (開場18:00)
場 所:KCC会館 5階ホール (地下鉄今里駅から今里筋を南へ徒歩8分)
参加費:1000円
主 催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
     コリアNGOセンター
(お問い合わせ) コリアNGOセンター Tel.06-6711-7601/Fax.06-6711-7606

2016-11-04_omote_outline.jpg
2016-11-04_ura_outline.jpg
〈チラシPDFファイル〉

[集会趣旨]
 2010年10月、ニュージャージー州に日本軍「慰安婦」を記憶する碑が設置されて以降、米国ではすでに8つの碑が建てられています。
 2013年7月には、ロスアンゼルス近郊のグレンデール市にソウルの日本大使館前と同じ「平和の碑」(少女像)が設置されました。それに対しては在米日本人が抗議し、撤去を求める裁判を提訴したことはニュースになりましたが、「平和の碑」の設置を進めた当事者の声は、日本でほとんど報道されることはありませんでした。同様に、2015年9月22日、サンフランシスコ市議会が全会一致で「慰安婦のメモリアル設置」を可決した時も、直前にサンフランシスコの姉妹都市・大阪の橋下徹市長(当時)が抗議の書簡を送った行為を無批判に報道しただけでした。
 米国ではどのような人たちが、どんな思いで碑の建設運動を展開しているのかー。このたび、「慰安婦」被害者の声を聞く国際会議に合わせて、米国の活動家が来日します。この機会に、「慰安婦」被害者と共に正義を実現するために、国境を超えた人権課題として、多様な市民が連帯して活動している米国での状況を聞く会を設けました。
 一方的な報道が目立つ日本で、当事者から話を聞く、大変貴重な機会です。多くのみなさんの参加をお待ちしています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

Author:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
わたしたちは日本軍「慰安婦」問題解決のため、関西を中心に活動しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR