第125回大阪駅前水曜行動報告

2017年初の大阪駅前水曜行動は新春にふさわしいスペシャルゲスト・Swing MASAさんの演奏で幕を開けました。

年末年始にかけてたくさんの報道がありました。この間の情勢について関西ネットからアピールし、日韓合意がいかに不当なものであるか訴えました。「慰安婦問題」は、一回限りの口約束で解決するようなものではないし、「最終的かつ不可逆的」などと言っているうちは、決して解決はないのです。

次に社民党元衆議院議員の服部良一さんから「『慰安婦』問題は終わってない。日本政府が謝罪してないからだ!お金じゃない、誠意をもって謝れ!」と力強くアピールがありました。

沖縄問題について、辺野古に基地をつくらせない大阪行動の方から、高江、辺野古で市民の基地建設反対の声が踏みにじられ、工事が強行されているひどい現実が訴えられました。

おんな・こどもをなめなよ!の会から、憲法24条の集会案内もありました。

韓国からの留学生からも、日本軍「慰安婦」問題は解決されていないとアピールがありました。

1時間の水曜行動の間にSwing MASAさんにはDon't Kill、ペンノレ、スタンド・バイ・ミーの3曲を披露していただき、寒空の下、約60人の参加者を得て熱く盛り上がりました。

もちろんSwing MASAさんの演奏に負けないように、水曜ダンサーズも寒さに負けず踊りましたよ!

次回は2月1日水曜日、大阪梅田ヨドバシカメラ前でお会いしましょう。

(だい)

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

Author:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
わたしたちは日本軍「慰安婦」問題解決のため、関西を中心に活動しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR