■プロフィール

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

Author:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
わたしたちは日本軍「慰安婦」問題解決のため、関西を中心に活動しています。

■最新記事
■リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■QRコード

QR

2月1日の大阪駅前水曜行動にご参加ください

いま、釜山領事館前に設置された少女像を巡って、日本国内では許しがたい言説が流布されています。安倍政権やその関係者は「日韓合意の精神に反している」「ボッタクリ詐欺だ」などと言い、駐韓大使を一時帰国させるという強い姿勢で韓国政府に恫喝をかけています。

しかし「日韓合意の精神に反している」というならば、安倍首相の言動こそがその精神に反しています。「慰安婦」被害者に「これ以上謝る必要はない」「謝罪の手紙など毛頭考えていない」などと平気で口にし、被害者を傷つけています。日韓合意の精神とは「日韓両政府が協力し,元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行う」ことであり、安倍首相の言動によってすでに合意は破綻しています。

ましてや「10億円払ったのだから少女像を撤去しろ」といった被害者の頬を札束で叩くような態度は、加害者にあるまじき行動であり、決して許すとはできません。

釜山の少女像は釜山の市民が建てたものであって、韓国政府が建てたものではありません。韓国政府には碑を撤去する権限もありません。安倍政権が駐韓大使を引き上げてまで「碑を撤去しろ」と主張するのは、韓国政府に釜山の市民を弾圧しろと命令しているのも同じです。

いま必要なのは、「私たちは釜山の少女像を支持します!」と、日本から声を上げることです。

皆さん、2月1日(水)19時に大阪駅前ヨドバシカメラ前に集まってください。私たちと一緒に、日本の誠意を示しましょう!

関連記事
スポンサーサイト


集会案内 | 19:10:00