秘密保護法ロック学習会 in 奈良 2014.2.6

「特定秘密保護法」が強制可決されてはや2カ月。毎月6日は「ロックの日」。今日、2月6日も各地で抗議行動が持たれたことと思います。奈良でも夕刻から「秘密保護法ロック学習会」とデモが開催されました。学習会では、「特定秘密保護法『自民党反論文書』に対する批判的検討」と題し、2012年の「水平社博物館差別街宣」訴訟の代理人として大奮闘、みごと勝利判決を勝ち取った古川雅朗弁護士が「自民党反論文書」への「反論」を展開。問題点を絞って「ツッコミ」を入れながら具体的に話してくださいました。ことさら冷え込み、粉雪のちらつく中でしたが、県文化会館集会室いっぱいに集った各方面からの参加者がともに学習を深めました。「二度と再びあの時代に戻してはいけない」ハルモニたちの願いをあらためて胸に刻みながら、多くの人にこの問題に関心を持ってもらえるよう、働きかけなければと思いました。(よんよんなび)県文化会館
せんとくん
街宣車はゆく。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

Author:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
わたしたちは日本軍「慰安婦」問題解決のため、関西を中心に活動しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR