3月11日NHK問題街頭行動報告2

申し入れ書読み上げ後、参加者が思い思いに通行人やNHK職員に「このままではNHKは戦争する国作りに貢献することになります」「共に声をあげてください。良い番組を作ってください」と訴えかけるうち、45分になったので、代表数名が放送局内に入って、受付に申し入れ書を届けに行きました。その間、応援の意味も込めてマイクアピールを継続。安倍政権が目指す国作りの危険性を道行く人々に訴えました。
代表の人たちはすぐ帰ってくるであろうとの予想に反し、10分ほど経っても戻ってきません。あとから聞くと、受付が預かるという対応で終わりそうなところを粘って、先日の申し入れ時に出てきた職員を見つけ、今すぐ申し入れ書を東京にFAXで送るという確約を勝ち取った由。
(やった~!。これは今後の行動に活かせます。)
結局、予定より10分長く2時までNHK前で街頭宣伝を続けましたが、公安警察もNHK職員も傍に立っているだけで行動を止めることはありませんでした。天満橋駅前へ行くというのを聞きつけ「かたまって歩かないようにね」と言いにきた公安さんに「はい、もちろん三々五々で」と答えて、谷町筋を南に移動。
天満橋駅前街宣には12人が参加して、歩道でマイクアピール。少し内側に入ったところでプラカードを掲げてビラ撒き。引き続き三線とアコーディオン演奏もあり、注目度は抜群でした。目の前が信号なので、青信号を待つ間、受け取ったビラを読んでいる人も多く見受けられました。
申し入れ書にも書いているように、籾井会長罷免、百田・長谷川両委員の辞任まで、引き続き抗議の声を上げ続けます。
                                   (たな)
3月11日NHKへの申し入れ書
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

Author:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
わたしたちは日本軍「慰安婦」問題解決のため、関西を中心に活動しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR