【韓国挺対協論評】日本軍「慰安婦」問題解決を求める韓国外交部長官の国連演説を歓迎し、日本政府に被害国政府と国際社会の厳重な警告を受け入れるよう要求する

韓国挺対協からの情報です。
現地時間5日に国連人権理事会で韓国外交部長官の基調演説が行われ、
かなりの時間をさいて日本軍「慰安婦」問題の解決を訴えました。
 
これについて韓国挺対協が論評を発表しました。(だい)
 


【挺対協 論評】

 

本軍「慰安婦」問題解決を求める韓国外交部長官の国連演説を歓迎し

日本政府に被害国政府と国際社会の厳重な警告を受け入れるよう要求する

 

 

ユン・ビョンセ外交部長官が5日(現地時間)、スイス・ジュネーブで開催された第25回国連人権理事会の基調演説で日本軍「慰安婦」問題解決を強く求めた。これは2006年以降、外交トップが人権理事会に参席し国際舞台で日本軍「慰安婦」問題を初めて直々に提議したもので、最近深刻となっている日本政府の犯罪否認・歴史歪曲について韓国政府がどれほど厳重に受け止めているのかを見せてくれた。

 

一方では、なぜもっと早い時期にできなかったのかという残念さもあるが、今からでも断固とした韓国政府の立場を国際社会に明らかにしたことについて積極的に歓迎する。ユン長官の発言どおり、「日本軍『慰安婦』 問題は韓国・中国・東南アジア・オランダなど被害国と日本間の問題だけではなく、人類の普遍的人権問題であり、今なお続く現在の問題」である。特に最近安倍首相や右翼議員たちが妄言を続け、日本軍「慰安婦」問題に対する日本軍の関与を認めた河野談話を見直そうとの動きまで本格化している限り、歴史否定と人権侵害問題であることは自明である。また、日本のこのような態度について、これまで20年余り国連機構が日本政府に対して責任ある措置を要請した勧告に対し正面から挑戦するものであるとの長官発言は全くもって揺るぎのない事実である。

 

これまで国連や国際社会に向かって被害者と市民社会が絶えず訴えることで引き出してきた数多くの報告書・勧告・決議そして友好的世論を、今後は韓国政府が引き継ぎ、前面に立って堂々した外交を行ってくれるよう期待する。ひいては韓国政府も認識しているように、戦時性暴力中断のための国際社会の努力とともに、より積極的な役割を担ってくれることを願う。

 

武力紛争下の女性への暴力の中で最も極端で残酷なケースだといえる日本軍「慰安婦」問題を解決することこそが、今も続く戦時性暴力慣行を根絶する第一歩であり原動力となることだろう。これほど重要な日本軍「慰安婦」問題を解決するため20余年国際市民社会と国連が行ってきた努力さえ無視し、努力の成果を否定・拒否している日本政府は、今からでも国際社会の要求を謙虚に受け入れ被害者の名誉と人権を回復する措置をとらなければならない。そうでなければ、日本政府が[戦時性暴力根絶に関するG8宣言]を順守するということも、国際刑事裁判所の被害者信託基金に寄与するということも、空虚な言葉遊びにしかならない。被害者と被害国、国際社会の厳重な警告を重く受け入れ速やかに日本軍「慰安婦」問題を解決することこそが、戦時性暴力根絶を願う日本の姿を見せてくれるものになるだろう。

 

ここに私たちは、日本政府に日本軍「慰安婦」犯罪をウソだと言い張る歴史捏造をすぐに中断し、公式謝罪と法的賠償などの問題解決を行うよう強く求める。河野談話見直しという行為は国際的孤立と葛藤を招くだけである。それ以前に、安倍政権と右翼勢力に果たして良心と歴史意識というものがあるのかについて、国際社会から見直されなければならないだろう。

 

201436

 

韓国挺身隊問題対策協議会

共同代表 ユン・ミヒャン ハン・グギョム キム・ソンシル

 

 

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

Author:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
わたしたちは日本軍「慰安婦」問題解決のため、関西を中心に活動しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR