【共同記者会見】日本政府は集団的自衛権行使をもくろむ憲法解釈変更を撤回せよ!

 皆さま

集団的自衛権の行使を認める憲法解釈の変更を閣議決定をうけて、71日に韓国市民団体が記者会見を行いました。
ここに韓国挺身隊問題対策協議会も連名し、安倍政権の暴走に反対の声をあげました。
 
以下、記者会見文を添付します。
 
韓国挺身隊問題対策協議会




 
日本の集団的自衛権行使憲法解釈変更閣議決定に対する各界共同記者会見

 日本政府は集団的自衛権行使をもくろむ憲法解釈変更を撤回せよ!

  

今日、安倍政権は集団的自衛権行使のための解釈改憲案を閣議に上程した。

 われわれは、日本平和憲法を根本的に無力化する憲法解釈変更に反対し、これを閣議決定という欺瞞的な方法で推進する安倍政権と自公連立与党を強力に糾弾する!

 マスコミ報道によると、安倍政府は今日上程された草案で、「他国への武力攻撃で日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」場合、実力を行使するため集団的自衛権が必要だと明らかにした。自衛隊と警察出動の境界に該当する事態において、自衛隊出動手続きを迅速化し、戦闘現場外地域での後方支援実施が可能になる内容も含まれていると伝えられた。

安倍政権は、集団的自衛権行使のもくろみに対する内外の批判を意識したように、‘明白な危険’という表現で集団的自衛権行使の前提条件を強化したと言及している。しかし、これは完全な偽善である。日本に対する集団的攻撃ではない‘他国に対する攻撃’が日本の存立を脅かすというありえない状況を仮定しているという点からして、反対世論をもみ消すための偽装であるに過ぎない。集団的自衛権行使の範囲と条件が包括的で当たり障りのない表現になっているが、今後内閣の決定だけで集団的自衛権行使の可否が決定されるという点などを考慮するとき、解釈変更を重ねることでこのような前提条件はいつでも無力化されうる。

特に、安倍政権は集団的自衛権に関する‘想定問答集’で、他国攻撃時に軍事行動をともにするだけではなく‘先制攻撃’参与の可能性まで可視している。安倍政権が閣議に提出する決定文草案には、‘日米同盟の抑止力を向上させ、武力紛争を事前に回避し日本に及ぶ脅威を防止することが不可欠である’など‘脅威防止’概念を明示しており、‘想定問答集’には‘集団的自衛権の行使としての武力行使が憲法上許容される’という内容が含まれているという。去る15日に安倍総理が「集団安保と関連した武力行使を許容しない」と発言したことを覆し、憲法解釈変更を続け集団的自衛権行使の範囲を‘予防攻撃’‘先制攻撃’まで拡大することを念頭においているのだ。

安倍政権が数十年の禁忌を破り、‘集団的自衛権行使’ひいては‘集団安保のための武力行使’が可能であると憲法解釈を変更することは、戦犯国日本が国際社会へ再び復帰すること以前に、侵略戦争と軍事力放棄を約束した憲法9条の精神を根本的に毀損するものであり、過去の侵略国家へ回帰するという宣言に変わりない。アメリカの積極的な支持を背に推進される日本の集団的自衛権行使によって、東北アジアの葛藤と対決が激化することは火を見るより明らかである。

このような動きは、平和国家へ向おうとする日本国民の努力を完全に踏みにじるものであることはもちろん、戦争犯罪に対する誠意ある謝罪と賠償、東北アジア平和協力関係を求めてきた韓国等の被害国民衆に対する再びの犯罪であるほかない。

日本内各種マスコミアンケートによると、集団的自衛権行使に反対し平和憲法を無力化させる重大な事案を閣議決定だけで処理しようとすることに対する批判は圧倒的に高い。韓国と中国など日本の侵略戦争・植民支配被害国民衆はもちろん、日本国民さえも集団的自衛権行使に反対しているのが現状である。

安倍政権が上記のように東アジアの平和的世論を無視したまま、閣議決定という欺瞞的手法を動員し集団的自衛権行使に関する憲法解釈変更を強行することは決して許されない。

日本自公内閣は、戦後の平和国家に向けた憲法9条の精神を毀損せず、集団的自衛権行使のもくろみを即刻中断せよ!

安倍政権は植民支配・戦争犯罪に対する歪曲を中断し、軍国主義再武装政策を撤回せよ!

201471

境界を越え、国際労働者交流センター、基督教社会宣教連帯会議、ナヌム文化、労働人権会館、労働者連帯、労働者連帯学生グループ、労働政治連帯、農民薬局、大田平和女性会、同性愛者人権連帯、ランジェン、民家協良心囚後援会、民族民主烈士犠牲者追悼(記念)団体連帯会議、民族自主平和統一中央会議、民主社会のための弁護士会統一委員会、民主主義自由統一大学生協議会、民主化実践家族運動協議会、保険医療団体連合、仏教平和連帯、4月革命会、社会進歩連帯、生命平和連帯、庶民の力、市民平和フォーラム、ウリギョレハナテギ運動本部、ウリマダン、ウリ民族連邦制統一推進会議、イェスサルギ、自主統一と民主主義のためのハンコリア連帯、全国農民会総連盟、全国民族民主遺家族協議会、全国女性連帯、全国撤去民協議会中央会、全国学生行進、戦争反対平和実現国民行動、全泰壱労働大学、全泰壱財団、祖国統一汎民族連合南側本部、参与連帯、天主教人権委員会、統一広場、統一の道、統合進歩党、パレスチナ人平和連帯、平和ネットワーク、平和をつくる女性会、平和と統一を開く人々、平和在郷軍人会、平和統一市民連帯、朝鮮戦争戦後民間人犠牲者遺族会、韓国労働組合総連盟、韓国挺身隊問題対策協議会、韓国進歩連帯、韓国青年連帯、日韓軍事協定反対国民行動、21世紀韓国大学生連合、慶南進歩連帯、京畿進歩連帯、光州進歩連帯、大邱慶北進歩連帯、ソウル進歩連帯、蔚山進歩連帯、全南進歩連帯

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

Author:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
わたしたちは日本軍「慰安婦」問題解決のため、関西を中心に活動しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR