今日、戦争と女性の人権博物館に行きました!

8月7日、私はソウルにいます。ソウルの「戦争と女性の人権博物館」に来ました。
博物館の前では、若者たちがたくさんの集まり、ボランティアで壁画を作っていました。彼/彼女らは、平和ナビや希望ナビのメンバーです。
私もユン・ミヒャン代表にすすめられるまま、絵筆を取りました。

博物館では今、コンゴのマシカたちの写真を展示していました。マシカは自分も戦時性暴力の被害者となりながら、同じ仲間を助ける活動をしています。
3歳の娘さえレイプされる現実に愕然とし、涙を流しました。もし私の娘が同じ被害にあったら……きっと尋常ではいられないでしょう。
これが現実です。目を背けてはならない現実です。

ウリチプにお土産を持って行きましたが、ハルモニたちはもう休んでいたので、桃のゼリーを預けておきました。

それにしても、若い人が多いのはいいですね。希望がもてます。
日本でも負けないよう、頑張りましょう!

(だい)
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

Author:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
わたしたちは日本軍「慰安婦」問題解決のため、関西を中心に活動しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR