第2回 8.14メモリアル・デー in 大阪 扇町公園に200人が参加

第2回目の8・14メモリアル・デーを迎えて、関西では<世界は「慰安婦」問題の解決を求めている~安倍政権の暴走を許さへん!>をテーマに集会とデモを開催しました。
会場となったのは北区扇町公園。5時半からのプレイベントが始まったころはまだ人もまばらでしたが、寸劇が始まるころには100人ぐらいの人たちが集まってくれました。
関西ネットメンバーによる寸劇「未来へのドアをたたき続けよう」は金学順ハルモニをはじめ、金福童ハルモニ、吉元玉ハルモニが出演、悪役には橋下、安倍、籾井、百田が勢ぞろい。みんなそっくりのお面をかぶり、なりきり演技を披露してくれました。
司会の元気いっぱいのあいさつでいよいよ集会開始!
主催者あいさつに続いて、「しないさせない!戦争協力」関西ネットワーク、橋下市長の「慰安婦」・性暴力発言を許さず辞任を求める会、子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会、「ピースおおさか」の危機を考える連絡会、JR大阪駅前街宣裁判闘争報告、元衆議院議員服部さんと、6団体・個人からアピールを受けました。
安倍政権、橋下市長の下で進められる「戦争のできる国」づくりに向けた「慰安婦」問題否定や歴史歪曲教科書採択の動き、市民運動への攻撃など、現場からの報告や連帯して行動していこうという熱いメッセージが続きました。
その後、今回のアクションのために準備した「謝罪」「賠償」「解決」と書かれた薄紫&黄色のカードを全員で掲げて日本政府に向けてコールしました。
続いて、全国各地のメモリアル・デー共通のアピール文<8・14日本軍「慰安婦」メモリアル・デーを国連記念日に!>を朗読、全体で確認しました。
さらにこの間、橋下市長が朝日新聞検証記事をめぐって「慰安婦」問題の歴史を全否定する発言を繰り返していることに対して関西ネットとして抗議声明を提案、これも全体の拍手で確認され、後日橋下市長に届けられます。

集会後ただちに梅田までデモを行いました。
このころにはメンバーも200人近くに増え、カラフルな横幕と、黄色と薄紫のカードが夜空にしっかりと映えるなか、力強いデモコールが響きわたりました。
「慰安婦」問題の一日も早い解決、安倍政権の暴走を許さず、橋下市長の辞任、NHK 籾井会長の罷免と、百田経営委員の辞任を勝ち取るまで、引き続きがんばります!(P)

814日本軍慰安婦 (25)
814日本軍慰安婦 (45)
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

Author:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
わたしたちは日本軍「慰安婦」問題解決のため、関西を中心に活動しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR